梅

植物紋梅紋・梅鉢紋

平安時代の貴族・菅原道真が愛した梅を天満宮が神紋としたのが始まり。
菅原氏の代表紋であり、瑞祥紋として愛される。
  • 代表紋

    梅鉢

    梅鉢

  • ステータス

  • 分布図


由来・解説

学問の神様・菅原道真が愛した梅

 梅は中国原産の植物で、八世紀頃に日本に輸入されました。まだ雪の降る早春に香り高く咲く白い花と、風雅に富んだ樹形は日本人に古くから愛好されました。
 文様としては奈良時代から使用され、平安時代には衣装や調度品などに瑞祥を表すとして、多数用いられました。
 梅には「風待草」「風見草」「春告草」など別名が多数ありますが、有名なものに「好文木(こうぶんぼく)」があります。
 これは中国・晋の武帝が学問に親しむと花が開き、怠ると花は開かなかったという故事から、その名が付けられました。
 また初春にすべての花に先駆けて最初に咲くことから「花の兄」とも呼ばれています。
 家紋としては、平安時代の貴族・菅原道真を祀神とし、彼が愛したといわれる梅を天満宮が神紋としたことが始まりです。そのため、菅原氏の代表紋として梅紋は知られ、その後、全国の天神社が梅紋を使用するようになることで、その使用家が増えたともいわれています。
 梅鉢紋は中心から伸びる花弁が、舞楽で用いる太鼓の撥(ばち)に似ることからその名が付いたといわれており、使用の割合としては梅紋より、圧倒的に梅鉢紋が多くみられます。

梅紋・梅鉢紋武将

  • 使用諸家
    菅原 高辻 白川 前田 斉藤 東坊城 桑原 清水 山本 etc
  • 主な有名人
    前田利家(1539年−1599年)【梅鉢紋】
    本阿弥光悦(1558年−1637年)【星梅紋】
派生家紋数
約105種
イメージカラー
紅梅色
検索ヒット数
670万件
家紋使用ランキング
8位

主な派生紋

  • 星梅鉢

    星梅鉢

  • 台梅鉢

    臺梅鉢

  • 割梅鉢

    割梅鉢

  • 三つ割梅鉢

    三つ割梅鉢

  • 加賀梅鉢

    加賀梅鉢

  • 梅の花

    梅の花

  • 八重梅

    八重梅

  • 向う梅

    向ふ梅

  • 変り匂い梅

    變り匂ひ梅

  • 変り花梅

    變り花梅

家紋一覧ページ