竹笹

植物紋竹笹紋

神代の頃から神聖な植物とされ、神と人をつなぐ役割があった竹と笹。
竹に笹を添えたものや、雀や笠を付加した紋章も多く存在する。
  • 代表紋

    九枚笹

    九枚笹

  • ステータス

    ステータス_竹笹
  • 分布図

    分布図_竹笹

由来・解説

神と人とをつなぐ縁起物

 竹や笹は神代の頃から神聖な植物とされてきました。『古事記』には天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に隠れた際に、芸能の神様である天宇受賣命(あめのうずめ)が束ねた笹を手に持ち、天岩戸の前で踊る様子が描かれています。
 現在でも地鎮祭を行う際に、神様を迎えるために四隅に忌竹を立てたり、七夕で笹に短冊を飾るなど、神事において竹や笹は使用されています。
 また竹は「松竹梅」のひとつとしても人気です。
 竹は松と同じく寒中でも色褪せず、寒中に咲く梅と合わせて歳寒三友と称され、「清廉・潔白・節操」を表すために、盛んに絵画や屏風などに描かれました。
 本来、竹と笹は違う植物ですが、家紋ではあまり区別はされていません。一般的に大型のものを竹、小型のものを笹としています。
 家紋としては、平安時代に公家の車紋に使用されたことがはじまりです。
 その後、雀紋を使用していた勧修寺家が雀紋に竹を加えたところ、その一門や上杉氏などの関係武家に広まり、竹笹紋が定着したといわれています。
 図案は竹に笹を添えたものや、雀や笠を付加したものも多く存在しています。

竹笹紋武将

  • 準備中
派生家紋数
イメージカラー
検索ヒット数
家紋使用ランキング

主な派生紋

  • 十五枚笹

    十五枚笹

  • 笹七宝に九枚笹

    笹七寶に九枚笹

  • 篠笹

    篠笹

  • 七五三根笹

    七五三根笹

  • 割篠笹

    割篠笹

  • 九枚笹車

    九枚笹車

  • 雪持笹

    雪持笹

  • 切竹笹

    切竹笹

  • 篠笹竹の丸

    篠笹竹の丸

  • 抱竹笹

    抱竹笹

家紋一覧ページ