南天

植物紋南天紋

その名から、江戸時代には「難を転ずる」に通じ、縁起のよい木とされた。
江戸時代以前に使用された形跡はなく、栽培の流行に合わせて生まれた紋といえる。
  • 代表紋

    三つ葉南天

    三つ葉南天

  • ステータス

    南天_ステータス
  • 分布図

    南天_分布

由来・解説

邪気を払う小さな赤き実

南天は中国原産の植物で、初夏に白い花を咲かせ、晩秋から初冬にかけて赤色の小さな果実をつけます。
漢名の「南天燭(なんてんしょく)」が略されて、南天と呼ばれるようになりますが、その名から江戸時代には「難転」即ち「難を転ずる」に通ずる縁起のよい木として人気が出ました。
また赤い実をつける見た目の可愛らしさから、盛んに栽培されて園芸植物として流行します。
南天の葉は「南天葉(なんてんよう)」という生薬で、健胃、解熱、鎮咳などの作用があったため重宝されました。加えて抗菌作用もあるため、食品の防腐と彩りも兼ねて弁当にも飾られたようです。
また赤い実はいつまでも落果しないことから、めでたい印とされ、現在でも長寿、厄除けとして祝賀のときに用いられます。
他にも柊とともに、鬼門の方角に植えると邪気を払う効果があるともいわれています。
家紋としては、葉だけを描くものと、葉と実を描くものがありますが、江戸時代以前に使用された記録は見当たりません。
また家紋の使用についても氏族的なつながりはみられないため、江戸時代以降に愛好家によって生み出され、瑞祥的意義をもって用いられたと思われます。

南天紋武将

  • 使用諸家
    楠原 清家 南 松野 白沢 久根下 滝本 金城 神保 etc
  • 主な有名人
    個人特定不可
派生家紋数
約22種
イメージカラー
朱色
検索ヒット数
55.7万件
家紋使用ランキング
75位

主な派生紋

  • 上下対い南天

    上下對ひ南天

  • 三つ追い南天

    三つ追ひ南天

  • 南天車

    南天車

  • 六角形三つ割南天

    六角形三つ割南天

  • 上下対い南天菱

    上下對ひ南天菱

  • 抱南天

    抱南天

  • 蔓丸南天の葉

    蔓丸南天の葉

  • 南天桐

    南天桐

  • 揚羽南天蝶

    揚羽南天蝶

  • 南天胡蝶

    南天胡蝶

家紋一覧ページ

PURCHASE

書籍の販売をウェブ上でも受け付けております。