松

植物紋松紋

古くから神の宿る木とされており、神を待つ意味として「祀る」「祭り」の語源となる。
不老長寿の象徴とされ、竹・梅と合わせて「松竹梅」の縁起物としても有名。
  • 代表紋

    左三階松

    左三階松

  • ステータス

    ステータス_松
  • 分布図

    分布図_松

由来・解説

左三階松に隠されたオリオンの三つ星

 冬でも青々とした葉を付ける松は、古来より不老長寿の象徴とされてきました。同じく年中青々しい竹と、冬に花を咲かせる梅と合わせ、「松竹梅」
のひとつとして縁起物の樹木とされています。日本では古くから神の宿る木とされており、神を待つ意味として「祀る」「祭り」の語源になったともいわれます。
 文様としては飛鳥時代以前より吉祥的なイメージをもって使用されており、時代が下るとともに、家紋としても普及していきます。図案としては松そのものを描いたものが多く、一~六階までの組み合わせがありますが、中でも最も多く使用されているのが「左三階松」です。
 この紋は住吉大社(大阪府大阪市)の神輿に描かれている「右三階松」が基になっており、そのまま「右三階松」を使用するのは神に対する不敬となるため、鏡像反転させたそうです。
 住吉大社の紋は「花菱紋」ですが、「右三階松」の紋も神輿をはじめ、さまざまなところで使用されています。
 それは住吉大社が海の神である表筒男命・中筒男命・底筒男命の三神と神功皇后を祭神としており、「右三階松」が航海を助ける「オリオン座の三つ星」=「表筒男命・中筒男命・底筒男命の三神」を表しているからだといわれます。

松紋武将

  • 使用諸家
    高井 天野 常葉 松田 寒川 etc
  • 主な有名人
    神山郡廉(1829年−1909年)【左寄せ三つ松紋】
    松岡康毅(1846年−1923年)【丸に三つ松紋】
派生家紋数
約95種
イメージカラー
松葉色
検索ヒット数
70.5万件
家紋使用ランキング
22位

主な派生紋

  • 荒枝付右三階松

    荒枝付右三階松

  • 五階松

    五階松

  • 三つ松

    三つ松

  • 五つ松

    五つ松

  • 六つ若松

    六つ若松

  • 三つ割唐松

    三つ割唐松

  • 西尾櫛松

    西尾櫛松

  • 光琳松

    光琳松

  • 細川対い松(松蓋菱)

    細川對ひ松(松蓋菱)

  • 今宮神社(京都)

    今宮神社(京都)

家紋一覧ページ