稲

植物紋稻紋

古代より稲に関する重要な事柄には多くの神々が存在したため、信仰的な意義が強い紋章。
鈴木姓の分布にほぼ比例し、静岡県をはじめとする東海地方に多くみられる。
  • 代表紋

    左稲の丸

    左稻の丸

  • ステータス

    稲_ステータス
  • 分布図

    稲_分布

由来・解説

世界に類をみない日本独自の紋章

稲の実である米は、古来より日本人の主食であり、最も身近な植物として共に生きてきました。そのため古くからさまざまな装飾に文様として使用されています。ただ、世界的には文様としての使用はあまりみられないので、日本独自の紋であると言っても過言ではありません。
また「幣紋」や「熨斗紋」など、神道に関わるものとの組み合わせが多いのが特徴です。他には稲と関わりが深い「雀紋」と組み合わせて使用されていることもよく見られます。
稲を収穫し、山なりに稲穂を積み乾燥させる状態を穂積(ほづみ)と呼びますが、これをかつては「すすき」や「すずき」と呼びました。そのため稲紋の使用は鈴木氏と穂積氏に非常に多くみられます。ちなみに鈴木氏は熊野本宮出身であるといわれているため、稲紋以外に「幣紋」や「神楽鈴紋(かぐらすずもん)」を使用する家も多くあります。
また稲紋は稲荷大社でも使用されており、「稲生(いなり)」がその語源と公式で発表されています。
しかし、「いなり」という音のもつ意味は不明瞭であり、後に「稲」「生り」という意味づけを行ったと考えられています。現在、稲荷大社は稲紋を使用していますが、かつては由来や名称不明の乙字に似た紋も使用しており、現在も社内の一部に見られます。

稻紋武将

  • 使用諸家
    穂積 鈴木 亀井 稲生 漆原 中条 西尾 漆原 花房 中村 蜂巣 井出 etc
  • 主な有名人
    尺振八(1839年−1886年)【包み抱稻紋】
    穂積陳重(1856年−1926年)【變り抱稻の丸紋】
派生家紋数
約35種
イメージカラー
黄金色
検索ヒット数
61.4万件
家紋使用ランキング
34位

主な派生紋

  • 抱稲

    抱稻

  • 抱稲の苗

    抱稻の苗

  • 変り包み抱稲

    變り包み抱稻

  • 右対い稲菱

    右對ひ稻菱

  • 変り違い稲

    變り違ひ稻

  • 立ち稲

    立ち稻

  • 一本稲

    一本稻

  • 亀井稲の丸

    龜井稻の丸

  • 難波抱稲

    難波抱稻

  • 抱稲(伏見稲荷大社)

    抱稻(伏見稻荷大社)

家紋一覧ページ

PURCHASE

書籍の販売をウェブ上でも受け付けております。