鳩

動物紋鳩紋

軍神・八幡神の使者とされる鳩は武家に好まれ、尚武的意義で家紋としても用いられる。
紋章の「対い鳩」は軍神・八幡神の「八」の字を表している。
  • 代表紋

    対い鳩

    對ひ鳩

  • ステータス

    ステータス_鳩
  • 分布図

    分布図_鳩

由来・解説

平和の象徴ではなく「軍神の使者」

 鳩は古くから人の近くに住む鳥で、一万年から六千年前の新石器時代にはすでに飼育されていたそうです。
 家紋に用いられる鳩は、ドバトと呼ばれるカワラバトといわれますが、近年の研究ではキジバトの可能性が高いことが判明しています。日本では平安時代から神社などに群れで棲んでおり、軍神である八幡神の使者とされてきました。
 そのため武家に非常に好まれ、『源平盛衰記』や『太平記』などの軍記物には、鳩が出陣に際して勝利を呼び込む瑞鳥として数多く記されています。
 図案としては、向かい合った鳩を描いた「対い鳩」がほとんどを占めています。これは二羽の鳩を対に描くことで、軍神・八幡神の「八」の字を表し、その神威を内に取り込むためといわれています。また鳩紋は寄生木(やどりぎ)の古名である寓生(ほや)と共に用いられることが多いのも特徴です。
 現在、鳩は「平和の象徴」というイメージが強くありますので、「鳩=軍神の使者」というのは、少し違和感があるかもしれません。ただこの「平和の象徴」は、ギリシャ神話「ノアの箱舟」の一説によるものであり、西洋的な価値観が入ってきた近代以降に広まったものです。
 そのため家紋としては、やはり尚武的意義をもって用いられたといえます。

鳩紋武将

  • 使用諸家
    熊谷 高力 根岸 足助 小島 得能 位田 西村 木部 中川 万年 宮﨑 etc
  • 主な有名人
    熊谷直実(1141年−1207年)【寓生に鳩紋】
派生家紋数
約30種
イメージカラー
緑色・紫色
検索ヒット数
78.5万件
家紋使用ランキング
67位

主な派生紋

  • 鳩

  • 孔雀鳩

    孔雀鳩

  • 鳩の丸

    鳩の丸

  • 舞対い鳩

    舞對ひ鳩

  • 対い飛び鳩

    對ひ飛び鳩

  • 親子鳩

    親子鳩

  • 親子八文字鳩

    親子八文字鳩

  • 朽木鳩

    朽木鳩

  • 鳩居堂鳩

    鳩居堂鳩

  • 小島対い鳩

    小島對ひ鳩

家紋一覧ページ